ホーム →作品事例 →川上村林業総合センター 森の交流館

作品事例

川上村林業総合センター 森の交流館

■設計のポイント

引張力を木材で、圧縮力をRCで負担するハイブリッドな屋根架構。 主体架構はLVL の柱・梁による骨組構造であるが、水平力の抵抗部材として鉄筋ブレースを使用し、屋根構造として小梁の上にキーストンプレート+ 鉄筋コンクリートスラブを使用し、コンクリートと梁をラグスクリューボルトで結合することで水平剛性を確保する構造としている。

■建物概要

所在地:
長野県南佐久郡
用途:
展示施設、事務所
構造:
木造、一部鉄骨造
竣工年:
1997年
規模:
地上2階
延床面積:
989㎡
意匠設計:
飯田善彦建築工房
設備設計:
ウスダ設備設計事務所
施工:
東信土建
 
○1998年日本建築学会賞

外観

page top

Copyright 2011 TIS&PARTNERS Co., Ltd.. All Rights Reserved