ホーム →作品事例 →東出雲中学校屋内運動場棟

作品事例

東出雲中学校屋内運動場棟

■設計のポイント

本体育館の屋根架構は、鋼材量を少なくし軽やかさを演出するためにアーチ状の張弦梁構造とした。  アーチのX字形状は上弦材自体が水平ブレースの役割も果たし、弾性座屈長を短くできる。  自己釣合の性質を活かして屋根自重によるスラストを最小限にし、経済的に下部RCのひび割れを抑制した長寿命な建築を実現することができた。

■建物概要

所在地:
島根県八束郡揖屋町
用途:
体育館
構造:
耐震壁付ラーメン構造
竣工年:
2011年
規模:
地上2階建 高さ17.04m
延床面積:
2,498㎡
意匠設計:
小草・矢野設計共同企業体
施工:
大前組・角田工務店 特別共同企業体
鉄骨ファブ:
川重鉄鋼工事株式会社(現 川重ファシリテック株式会社)

張弦梁構造による屋根架構

page top

Copyright 2011 TIS&PARTNERS Co., Ltd.. All Rights Reserved