熊本医師会館、「2019年 照明デザイン賞」受賞

TISが構造設計を担当した「熊本医師会館」が、「2019年 照明デザイン賞(一般社団法人 照明学会)」を受賞しました。

これは光を素材とした、優れたデザイン作品に与えられる賞です。
該当作品は、街に灯るパンチングスチールから漏れる光や、吹き抜けの鉄骨階段に設置した、空間を誘導する光の効果など、熊本に新しい夜間景観を寄与したことが評価されました。

構造の面では、各階の北側に面したエントランスや吹抜け、ホールの明るく開放的な空間、フレキシビリティの高い執務空間を確保するため、建物中央部に配置した構造コアからその左 右に、1方向性の長スパン梁である「変型フィーレンディールラチス梁」を配したことで実現しています。下記より是非ご覧ください。

照明デザイン賞受賞者一覧ページ

 

 

Comments : Off
About the Author